FC2ブログ

グレンミラー

渋谷オーチャードホールのグレンミラーオーケストラへ出かけてきました。BIG BANDの生を聞くなんて、何年ぶりだろう・・・?
東急本店裏の文化村へは一度行ったけど、オーチャードホールは初めてでした。

今の渋谷は自分的には嫌いな町のNo.1です。新宿も嫌いだけど…もっと嫌いですにゃ。昔は毎週行ってました。渋谷のヤマハや百軒店の中にわんさとあったジャズ喫茶の一軒でSAV(サブ)と言いました。その頃は、安い食堂やらなにやらたくさんあり、今の様に品も何もない最悪の街ではなかった!

オーチャードまで雨の中を歩いて行くと、一緒に行ったFさんが飯を食べないと‥‥と言うので付き合いましたが、行った先は大戸屋。
昔、45年前、池袋東口にあったあの大戸屋がバンコクにまで出店するようになったとは、誰が信じるか!?串カツやカレーは50円でしたもん。木造の食堂で、階段をぎしぎしと上がって行くんでした。懐かしい・・・

かっ案の定、蕎麦を頼んだけど、うまくもなんともなかった・・・しかも、注文はタブレット操作でインプットする方式。食べているうち、何とかバイジャンだか何メニアだか何ガリア人のような、いまだかつて聞いた事がない言葉を話す外人部隊が20人ほどなだれ込んできたのでした。

会場に到着すると、赤いジャケットを着た見覚えのある人がいました。壁際に立っていたのでした・・・にゃんと北村英二(クラリネット)さんでした。80過ぎているだろうに…頭真っ白・白ですが、僕の様に剥げてはいなかった。素晴らしい。

グレンミラーバンドは初めてですが、曲を見ると1曲を除いてはじぇんぶ知っとりますし、一緒に口ずさめます。どれもこれもです。
幕開けはやっぱりムーンライトでした。オリジナルに近いテンポで遅めです。このテンポだと、リード(クラリネット)は途中で死にそうになりやすんですヨ。苦しいのです…ワンブレスで行かないとなのですがねぇ

サウンドは抜群!特にサックス隊がすばしらです。リードのおっちゃん、ベテラン氏・・・でしたが、素晴らしい音を奏で、サックス隊をよくあそこまで調教したもんだと、感心しました。ビブラートのうねりまでぴったんこだったんです。これ聞いちゃうと日本のばんどはあほらしくて聞けませんね。

メンバー表が無く、司会者兼歌手兼バンマスが、一人ひとり言うのですが、出身の州はだいぶ分かりました。ニューヨークが二人と、フロリダが一人とペンシルベニアが1人?アラスカ一人・・・・とかでしたっけ。でも名前まで覚えた人が一人いました。
カールシュルツと言う4thテナー奏者です。ドイツ系ですねこれは。ハナさんとか言う大柄白人女性歌手も歌いましたが、普通でした。

サックス隊がものすごくよくて、あんなアンサンブル聞いたの数十年ぶりです。トランペットは一人下手さんがいました。トロンボーンはそろっていましたね。全部で16人です。トラはいたのでしょうか?分かりませんでした。

会場には、元ミュージシャンらしき人や、LPのコレクター、女子高校生のブラスバンドメンバーなど、たくさんいましたが、ほとんど年寄ばっか・・でした。やっぱりね~

アメパロかたストリング・パールから何まで、ミラーサウンドLPそのもので、チャタヌガチュチューもやってましたね。コーラスは、バンドメンバーで編成し、モダニアーズの代わりとして歌っていました。本物のモダニアーズは立川のNCOクラブ(僕が4年半演奏していた場所)で本物を聞きました。まだオリジナルメンバーが生きていたんです。NCOでは、グレンミラーのスタートランペットプレーヤのレイアンソニーも聞きましたし、本人に頭なでなでされたんでした。跡ビリーメイもGミラー在籍名トランペット奏者でしたね。みんなその後、独立して、自分のバンドをつくったのでしたね。

今のGミラーバンド。グレンミラーが初めてバンドを結成してから80年だそうです。
グレンミラーORCH

ほぼこんな感じです。YOU TUBE↓  大好きな I KNOW WHYをやってほしかった・・・!
グレンミラー

こっちは本人。グレンミラー(メンバーも)が出ている映画。サンバレーセレナーデの映画。インザ・ムードが聞けます。
おでこの広い眼鏡のトロンボーンがグレンミラー本人です。途中ややでぶ気味のトランペットソロがビリーメイ本人です。それを左端で聞いているちびのトランペット奏者が、レイアンソニー本人。最初のテナーソロは、テックスべネキーで、グレンが飛行機で消えてしまった事故の後、しばらく(数年)バンドのリーダーとしてやっていました。フリルドレスの小柄な女性は、ノルウェーのオリンピックフィギュアスケ-ト金メダルの本物さんです。
サンバレーセレナーデの映画少し

I KNOW WHY サンバレーセレナーデの映画より・・・どうしてコマドリが12月に鳴くの~♪と始まります。
Glenn Miller - I Know Why (And So Do You)
Comments (-)Trackbacks (-) | 音楽

冬の季節

11月も後半に入り年末に近づいて来ました。北の方はどんどん寒さが増してきているでしょう。北国では雪囲いと言う作業があります。雪の圧迫や重さから家や木々を守らないといけません・・雪国では大切な作業です。ドカ雪ではないと良いのですが・・・

タイの方のブログを見ると、汗ばむようだとありました。タイは今乾季で雨が降りません。一番いい季節なのだと思います。一方、南半球では夏に入ろうとしています。

生活していく上で気候や季節は大きく影響します。住居、衣類を始め交通や食べ物まで変わって来たりするものです。時代とともに、習慣も変化し、昔はやっていたけど最近はなぁ・・・と言う事があるでしょう。私の故郷での冬の過ごし方は思い出がたくさんあります。

冬になると学校ではストーブ当番というのがありました。大きな黒いバケツで石炭を運んで来て、新聞紙や茶色の枯れた杉の葉で火を起こし、暖房をするのでした。ストーブの下や周りには、持ってきた弁当が沢山置いてあり、あったかくして食べたかったのです。

こんな感じ↓
1f344a31f07f6972d7310cb0ea40bc04_l.jpg
石炭用バケツ

ストーブの近くで弁当があったまってくると、おかずのにおいが結構蔓延し、何とも言いようのない複雑な匂いがしたものです。
高校あたりでは、昼前に弁当を食べてしまう早ベンという行為があったのを覚えています。中学時は、クラスごと当番がパンの注文をとり、出張してきているパン屋へ、一斗缶を切ったような入れ物に入ったパンをとりに行ったものでした。こっぺにジャムとか何か塗ったものだったと思います
小学校の時は、すぐ並びが奥山商店と言う酒屋?があり、こっぺにバターやチョコ、ピーナッツなどをぬって販売していました。買いに行き、日によって上にピーナッツ、下にチョコなどと二色にしてもらう時は、「ピーチョコ」と言ってやってもらってましたね~

今思えば、冬の学校は寒かったなぁ~と言う事です。家でもこたつがあったかくて良かったですが、練炭でしたね。寝る時は、豆炭あんかというのを使っていました。まだ売っているようです↓もちろん湯たんぽもありました。
豆炭あんかs

雪国では、とにかく我慢をして春を待つしかないのです。

今日は、出かけますので店4時頃までです。



Comments (-)Trackbacks (-) | 日記

色々

山形経済新聞によれば、学ぶ知る項目の中で半期で一番見られた記事がコーヒー店の話題だったという。中山町というところで二足のわらじで自家焙煎した豆で営業している店らしい。郊外にあるとは言え店の写真を見るとおしゃれで素晴らしかった。クッキーなども販売しているし、ちょっとしたおやつ的な自家製菓子ものもやっているらしい・・・

コーヒー店の記事を見る人が多いということは、それだけ関心があるということだと思いますので、喜ばしい事だと少しうれしくなりました。

さて当店でもチョコレートが人気です。イタリアのピエモンテ州というところにある老舗のアンテーカという会社のものです。
以前にも輸入元から勧められた事があったのですが、今回初ということで導入しました。トリュフ粒チョコですが、ミックスと今回初めてリリースされた単品種クレミノもあります。
クレミノ
アンティーカ クレミノMIX70g
ミックス
アンティーカ
イタリア本社を調べるとこんだけあるようです。ピスタチオのチョコが目立ちます・・緑の。導入できるか輸入元に交渉してみます。
815jdFCshQL__SX679_.jpg

シュトーレンはもうすぐ売り切れになります。配給分が少なかったので・・・・・

月曜日19日は夕方4時ごろで終了いたします。
Comments (-)Trackbacks (-) | 日記

若者とコーヒー

最近わか~い人がコーヒーを買いに来るようになりました。と言っても、中学生ぐらいだと思われる男の子です。
最初来たときは、店の前を行ったり来たりしていましたが、勇気を出して入ってきたのでした。

そしてコーヒーを挽いてと言って粉を買っていきました。そしてつい先日もまた来たのでしたが、今度は小さいドリッパーを買うと言い出したので、色々説明をしてあげたのでしたが、興味があるのでしょう、その目はいちずで真剣でした・・・・

しかし、財政的に余裕がなく、手持ちの資金ではいろんなものが買える状態ではありませんでした。でも、ドリッパーは欲しいと言って彼はお金をだしたのですが、ドリッパーを買ってもペーパーがないと粉を入れて抽出できないのです。

そこで、粉はあるの?と聞くと、先日買ったのがあるんで…ということだったので、新品のペーパーを破り1/3ほどプレゼントしました。さらに、その場で豆を挽いて粉も100gほどプレゼントしました。

彼は、とても喜びましたが、ハンドポットやサーバー(受けるガラス容器)が買えないことを残念そうな目で見ていました。というのも、その真剣さに、自分もどうやるかを説明し、どの器具があればこうできるということを教えてあげました。

結局、ハンドポットは200~300円では買えないので、今度お金をためて小さなハンドポットを買いなさいというと、はいと言って納得していたようです。

粉もペーパーもプレゼントしたから、ポットが無くてもやかんで練習しなさいと言うと、はいと言って少し明るい表情になったのでした。

純粋が大好きな自分は、真剣な目をした彼がコーヒーに興味を持ちはじめ、何によって目覚めたのか知りたくなりました。が、またくればさらに色んな話や実演をして教えてあげたいと思っています。困ったらまたおいで…と言って帰しました。


昨日の夜は・・・・・
先日豆を挽くミルを買ってくれた男性が来てくれました。安いミルで挽いていたという彼に、前回、良いミルの説明をしてあげたのでした。結局、歯の出来が粉を左右するので、切れる歯とはどういうものかを色んなミルの歯の部分を見せ、説明したのでした。そして、だいぶ前から残っていたドイツのザッセンハウスのミルを買っていかれました。

そして昨日来たときは、この間買ったミルの良さを実感しているのだと嬉しそうに語ってくれました。こういう時、コーヒーやの親父としては、とてもうれしくて・・・自然と笑顔になります。

国産や中国/台湾製の普及品では、普通に使えても素晴らしい結果というわけにはいきませんが、プジョーやザッセンの歯は同じなので、よく切れます。カットタイプの歯では、豆をつぶさず熱を持たせず微粉も少ない結果がでますし、手で回していて、切れる実感を体感できるのです。国産にもそういう歯のミルがあります。ある程度良いミルを買った方が、後々の満足感が違います。

道具はやっぱりいいものが良いです。

プジョーと言えば、元は鉄やだと思いますが、車や自転車でも有名ですね。昔、プジヨーの車に乗っていた事があります。
フランス料理やさんや洋食レストランに行くと、細長いプジョーのペッパーミルが置いてあります。
歯の構造の写真を探したら、ありました。

さすがに良くできています!胡椒用や塩用、コーヒー用は基本構造は一緒です。↓
m_20008.jpg
プジョー

Comments (-)Trackbacks (-) | 日記

色々

世界では進んでいる事や停滞していることなど色々報道されますが、年末に来て結果に興味があります。
ロヒンギャは75万人ともいわれ、国境なき医師団によれば依然として、解決していませんし、アウンサンスー・チーさんもアムネスティからの表彰をとりけされたりしていて、急に人気が落ちています。ロヒンギャは自国に住んでいるのに別の民族だという気持ちがあるのでは・・・と思います。過去に戦ってきたことや手を入れられなかった事なども影響しているのかもしれません。

イギリスは本格的にEUから離脱する準備が整ってきたと言う感じです。国会で承認されたとあり、反離脱派には何か変化があったのでしょうか。離脱すると、EUの縛りがなくなり、昔の様に自国への主導権をもった政治が回復すると思います。結果、移民への流入制限策がとれる。などがありますが、何がメリットで何がデメリットなのか考えてみました。

現在EUはイギリスを含めて28か国。EU内ではシェンゲン条約を結んでいます。パスポートの残存期間がきちんとあればヴィザなしでEU圏内を行き来できると言う事です。
さらに貿易の関税が互いにかかりませんので、自由に品物の行き来ができ物流的に活性化されます。
ユーロマネーを統一的に使うことによって、単一貨幣の便利さ(非ユーロ移行国もあります)がある。
対アメリカとのまとまった交渉が出来るなど。

一方、離脱すれば信用力が減少しポンドの下落が起こると思いますし、EU参加国との間で貿易関税が発生します。

もっとも加盟前はそうだったのですから、特に問題は起きないと思っているのかもしれません。今、イギリスではテロが起きたり移民問題や地域経済格差、多言語の障害などがあり不安定な状況です。EU離脱して実際どうなるのか気になります。

青:EU圏 茶:非通貨移行国 緑:ユーロ移行義務あり
Euro-300x287.png

安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した。56年宣言は平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島の2島を引き渡すと明記している。日本政府は従来、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の2島も含めた北方四島の一括返還を求めていたが、首相は今後の交渉で2島の先行返還を軸に進める方針に転換した。

56年の平和条約では、2島を返還すると言っておきながらそのままでした。二人の任期中にこれらの問題を解決すると決めたようなので、二島返還されるかも知れません。国後と択捉にはたくさんのロシア人が住んでおり難しいでしょうが、歯舞と色丹なら現実的に考えても良いのかもしれません。元々日本人が暮らしていた島なのですから返還されて当然だと思います。


サウジアラビア(「スンニ派)も、イラン(シーア派)との対立が続いており、イエメンで内戦状態が続いています。サウジがイエメン内に新しい空港を作るとか言っているとあり、どうなるのか気がかりです。イエメンはモカマタリのコーヒーの産地です。

ドイツのシュトーレン(クリスマスケーキとも言えます)が入荷しました。ヨーロッパのクリスマスケーキは、各国違いますが、日本の様に上にのったクリスマスケーキはないと思います。(シュトーレンは、数日に分けて食べますが、どんどん味が美味しくなっていく不思議なケーキです)1200円
シュトーレン



Comments (-)Trackbacks (-) | 日記

知らなかった馬肉のこと

なんとなく見ていると、馬肉はなぜ生で食べられるのか・・知っているかという記事がありました。そういえば、熊本が馬刺しで有名でなんでだろう?と思っていたのでしたが。
加藤清正に関係があると書かれており、戦の時など馬を活用した清正は、たおれた馬をすてるのではなく食料としたのが始まりだ…という説が有力だとか。

さらに、熊本は海と山に囲まれ、鹿児島や宮崎、大分に行くには険しい峠を越えなければならない。限られた土地で食文化を育てていくためには、昔から農耕で使っていた馬を大事に利用したことも影響している。
とはいうものの、熊本県民が日常的に馬肉を食べているわけじゃない。とくに馬刺しは年々高価になり、ハレの日・接待・おもてなし等の逸品との認識も高い。

なぜ馬だけ刺しで食べることができるのか
 馬の体温は40度近い高温なので、牛や豚に比べて寄生虫が少ない。加えて、馬刺し用の肉はマイナス20度で48時間以上の冷凍処理をすることが義務付けられ、そのまま食べても安心な体制が整っている。

ということらしい・・・なるほどねぇ。

馬肉の食文化が定着している県は熊本県や福島県、青森県など一部の県のみ・・・とありますが、山形県でも食べていたのです。
新庄市に桜馬場という地域がありますが、馬場という名前の通り馬がいたのでしょう。そこは表通りからちょっと入った場所ですが、むか~し肉屋がありました。僕は時々馬肉を買いに行かされた記憶があるのです。

昔は馬肉が安かったからだと思うのですが、自分も食べた記憶があります。ただし、馬刺しではなかったと思うのです。なので、まだまだ馬肉を食べていた地域は日本全国を探せば、あったのではないでしょうか?

これをみるとなるほどです。福島県が二位でしたね。ということは、青森や福島にも馬刺しの有名店などあるのでしょうね・・・消費量も熊本がトップだそうです。
UMANO.png
f1215d172b31464581718af4e9f14f03.jpg

もうちょっと調べました。↓

日本における馬刺しの有名な産地は、熊本県・福島県・長野県・山梨県・岡山県などが挙げられますが、特に熊本県は馬肉文化を開花させた都として知られており、江戸時代以前から食べられていたと言われています。


現在は食の欧米化などの影響もあり、ここ20年間で熊本県の馬肉生産量・消費量が減少傾向にあり、なかでも長野県の馬肉生産量・消費量は昭和55年頃より激減しており、現在はカナダやアメリカからの輸入馬肉が主流となりつつあります。

「では、長野県の馬肉は海外産だから買わない方がいいの?」と思われる方も多いかと思いますが、これは長野県に限ったことではありません。馬肉大国として知られる熊本県や青森県など日本各地の馬肉産地でも長野県同様、輸入馬肉が主流となりつつあります。

馬肉は大きく「生粋の日本育ちの馬」「海外や県外から輸入した馬を4ヶ月以上肥育した国内肥育馬」「海外で加工されて日本へ運ばれてくる輸入馬肉」の3つに分けられ、熊本県では、生粋の熊本育ちの馬は年間200頭ほどしかおらず、食肉処理される馬の70%以上がカナダなどから輸入された馬となっています。


ちょっとウナギの状況と似たようなところがありますね・・・たぶん***が食べた馬刺しは、カナダの馬肉だったかも・・?

Comments (-)Trackbacks (-) | 日記

迷惑メール

インターネットをやっていると、メールの中に迷惑メールと言われるものがたくさん届きます。宣伝程度ならまだいいのですが、明らかに脅し的なものが来ました。外国人が自動翻訳機で作成した文章でしたが、僕のアドレスにトロイの木馬を仕込んだとあり、なので半年間見張って来た・・・と言う事が書かれていました。

私の情報に関しては何も触れておらず、一般的な内容で、しかも判断すると500ドルでハッキングした内容を消せると言うものでした。こういう類は良くありますね・・・不特定多数の大勢に送っているのだと思います。

思うのですが、こういう犯罪に手を染めていると思われる人たちは、迷惑メールやその文章を考え作っているのだと思います。
それで人生楽しいのでしょうか?と思うのです。他人に道を教えたり、道路の枯葉を掃除したり、たばこの吸い殻や空き缶をひろったりしていますが、それなりにすがすがしい気持ちになります。

人間には、その人その人に何か使命的な事があるような気がしています。自分の範囲で出来る事で役に立つ事は色々あると思うのです。事の大小ではなく、小さなことでもしないよりする方を選びます。

今や、世界各国で放送実施されている人気の番組のゴッドタレントの番組の様に、歌を歌い一夜にして世界のスターになり色んな人に感動を与える人もいます。地味に道路などの掃除を毎日している人もいます(自分だったりして。)

昨日は、隣の公園で、捨ててあった空き缶2個を処理し、道路を公園の道路の方まで掃除しました。公園掃除の人曰く・・・道路は範囲外なんだよね~と。と言う事は、もし誰も掃除しなければ、1週間もすると大量の枯葉で歩けなくなります!滑って転ぶ人続出するでしょう・・・なので、自分も15年ほど続けて枯葉の掃除をしています。まぁしないよりはした方が気分が良いですね。

道案内は週に二人ぐらいのペースでしょうか・・・・

まぁ大きなことはともかく、細かい事でも何か役に立つ事をしたいと思っています。でも、たばこを捨てて行く人や、犬の糞を放置していく人など、いなくなりませんね~たばこの吸い殻のポイ捨てと空き缶放置が一番多いです。30年近く見てきてそう思います。

ほんのちょっとで放置したり捨てないで解決できるのにね~何で平気でやるんだろ・・・ず~とどこでもそうやってい来たのかな?
こういう所の民度は日本はまだまだですね…その点スウェーデンとノルウェーは素晴らしかった!ゴミ無いか探して歩いたもん。オスロだったかの公園のベンチの所にも、吸い殻無かった!わざわざ見に行ってみたのでした。うらやましかったなぁ~

と思ったら今北欧ではごみを輸入しているのだそうです。燃やして発電に使うためにです。リサイクルプログラムが上手くいき過ぎ、ゴミの量が少ないためエネルギーを作り出せず、必要な量の可燃ゴミが不足する事態に陥っています。

そこで、年間80万トンの廃棄物を他国から輸入し始めました。(スウェーデン)

ちなみに、日本はゴミ大国です。
1日15万トン、年間5千万トン以上のごみ(一般廃棄物)を排出しています(平成18年度)。これは10トントラック換算500万台分に相当します。

しかも、世界の焼却炉の3分の2は日本にあります。
出典
焼却大国、日本 | 北カリフォルニアの暮らしの風景

1. 日本:1,680カ所(2001年)
  ※市町村合併や広域処理の推進などで、2009年は1,243カ所まで減少
2. ドイツ:154カ所(2004年)
3. フランス:134カ所(2004年)
4. アメリカ:88カ所(2005年)
5. イギリス:55カ所(2000年)
6. イタリア:50カ所(2005年)
7. オーストラリア:45カ所(年データなし)
8. 韓国:30カ所(2002年)
9. デンマーク:29カ所(2005年)
10. スイス:29カ所(2004年)

知りませんでした。
Comments (-)Trackbacks (-) | 日記